Hat Love

帽子作家です。
展示イベントのお知らせを中心に、帽子とわたしの楽しい日々を綴っていきます。
リュネビル刺繍
0


    こっそりと【リュネビル Luneville】という刺繍を習い始めて早一年。
    新しい技術を自分のものにするためには
    改めて膨大なエネルギーと時間と集中力が必要なんだということを痛感しています。

    木枠にシルクオーガンジーなどのやわらかくて薄い布を張り
    主にかぎ針で、糸やビーズ、スパングルなどを留めていく技法です。
    有名メゾンのオートクチュールコレクションでも
    うっとりしてしまう美しい作品を良く見かけます。

    「あれがいつか私の手で出来るかも?」
    と思わせてくれる先生との出会いもあって
    ここまで何とか続けてこれていますが
    さすがに初めは「これは無理かも…やめるなら早いほうがいいかしら?」
    なんて本気で悩んだものでした。

    取り敢えず、近頃は苦痛ではなくなってきました…いえいえ、楽しいです(笑)

    まだまだ日々精進、発展途上の段階ですが
    形になったものはやはりお披露目したくなってしまう性でして。

    この秋冬の展示イベントには
    ブローチやちょっとしたトリミングとして使用して
    帽子との初コラボに挑戦してみようと思っています。





     
    | 制作風景 | 23:21 | - | - |
    フェルトのルームシューズ
    0
      昨日、帽子作家の友人宅で
      おいしいご飯とおしゃべりを楽しみながらフェルトの作業をしました。
      彼女は相変わらず素敵な帽子のベースをつくっていましたが
      私はルームシューズ。

      フェルトの帽子を試着したことのある方は
      何となく想像がつくと思いますが
      ルームシューズはよりしっかりガッチリつくるので本当に暖かいんです。
      素朴な形にもほっこりします。
      ただ左右2つ同時進行で
      縮めるのにかなりの時間と労力を要するため
      どうしてもやる気が発生しません。
      ようやく手を付けたのはいいとして、もう2月の半ばではないですか!

      春夏物の帽子に忙しいはずのこの季節
      私はこんなことをしていていいのでしょうか…

      かたちにはなりましたが
      靴底を付ける作業が残っているので今日も仕上がりそうにありません。
      ま、仕方ないですね。
      始めてしまったものは早いところ終わらせないと。

      RoomShoes

       
      | 制作風景 | 18:25 | - | - |
      CALENDAR
      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << August 2018 >>
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      モバイル
      qrcode
      LINKS
      PROFILE